2015/06/21

Raspberry PI が起動しなくなった

Raspberry PI が起動しなくなったが原因不明。

以下のようにリカバリモードになってしまって起動しない。

Uncompressing Linux... done, booting the kernel.
?
Welcome to the rescue system
recovery login: Uncompressing Linux... done, booting the kernel.
[    0.000000] Booting Linux on physical CPU 0x0
[    0.000000] Initializing cgroup subsys cpu
[    0.000000] Initializing cgroup subsys cpuacct
[    0.000000] Linux version 3.10.25+ (dc4@dc4-arm-01) (gcc version 4.7.2 20120731 (prerelease) (crosstool-NG linaro-1.13.1+bzr2458 - Linaro GCC 2012.08) ) #622 PREEMPT Fri Jan 3 18:41:00 GMT 2014
[    0.000000] CPU: ARMv6-compatible processor [410fb767] revision 7 (ARMv7), cr=00c5387d
[    0.000000] CPU: PIPT / VIPT nonaliasing data cache, VIPT nonaliasing instruction cache
[    0.000000] Machine: BCM2708
[    0.000000] cma: CMA: reserved 16 MiB at 17000000
~途中省略~
PANIC: Attempted to kill init! exitcode=0x0000000b

Entering kdb (current=0xd6850000, pid 1) due to Keyboard Entry
kdb>

復旧する方法をググってみたけどよくわからない。仕方が無いのでraspbianをダウンロードWin32 Disk Imagerで別のSDカードに書き込む。

OSはこれでいいが、壊れたイメージのHOMEディレクトリにあるデータをなんとか取り出せないかとやってみた。

まずは新しく作ったSDでraspberry pi を起動する。

次にSDマルチカードリーダーに壊れたと思われるSDを差しraspberryに接続する。

dmsgコマンドを見てみると次のように表示された。

pi@raspberrypi:~$ dmesg
[    0.000000] Booting Linux on physical CPU 0x0
[    0.000000] Initializing cgroup subsys cpu
[    0.000000] Initializing cgroup subsys cpuacct
~途中省略~
[  110.047063] scsi 0:0:0:0: Direct-Access     BUFFALO  USB SD Reader    1.00 PQ: 0 ANSI: 0
[  110.050423] sd 0:0:0:0: [sda] Attached SCSI removable disk
[  110.055958] scsi 0:0:0:1: Direct-Access     BUFFALO  USB CF Reader    1.01 PQ: 0 ANSI: 0
[  110.060082] sd 0:0:0:1: [sdb] Attached SCSI removable disk
[  110.063867] scsi 0:0:0:2: Direct-Access     BUFFALO  USB xD/SM        1.02 PQ: 0 ANSI: 0
[  110.069340] sd 0:0:0:2: [sdc] Attached SCSI removable disk
[  110.073081] scsi 0:0:0:3: Direct-Access     BUFFALO  USB MS Reader    1.03 PQ: 0 ANSI: 0
[  110.079171] sd 0:0:0:3: [sdd] Attached SCSI removable disk
[  110.241769] sd 0:0:0:0: Attached scsi generic sg0 type 0
[  110.242566] sd 0:0:0:1: Attached scsi generic sg1 type 0
[  110.245042] sd 0:0:0:2: Attached scsi generic sg2 type 0
[  110.254975] sd 0:0:0:3: Attached scsi generic sg3 type 0
[  492.594844] sd 0:0:0:0: [sda] 7744512 512-byte logical blocks: (3.96 GB/3.69 GiB)

これで目的のSDカードはsdaだとわかったのでfdiskで中身を見てみる

pi@raspberrypi:~$ sudo fdisk -l /dev/sda

Disk /dev/sda: 7861 MB, 7861174272 bytes
4 heads, 16 sectors/track, 239904 cylinders, total 15353856 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x000ba6a2

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1            2048     2466796     1232374+   e  W95 FAT16 (LBA)
/dev/sda2         2473984    15353855     6439936   85  Linux extended
/dev/sda5         2482176     2596863       57344    c  W95 FAT32 (LBA)
/dev/sda6         2605056    15353855     6374400   83  Linux

sda6にありそうだが、とりあえずマウントしてみる

pi@raspberrypi:~$ sudo mkdir /mnt/usb1
pi@raspberrypi:~$ sudo mkdir /mnt/usb2
pi@raspberrypi:~$ sudo mkdir /mnt/usb5
pi@raspberrypi:~$ sudo mkdir /mnt/usb6
pi@raspberrypi:~$ sudo mount /dev/sda1 /mnt/usb1
pi@raspberrypi:~$ sudo mount /dev/sda2 /mnt/usb2
mount: /dev/sda2: can't read superblock
pi@raspberrypi:~$ sudo mount /dev/sda5 /mnt/usb5
pi@raspberrypi:~$ sudo mount /dev/sda6 /mnt/usb6

マウントできたので続いて中身を見てみる

pi@raspberrypi:~$ df
Filesystem     1K-blocks    Used Available Use% Mounted on
rootfs          15079896 2511772  11905152  18% /
/dev/root       15079896 2511772  11905152  18% /
devtmpfs          218636       0    218636   0% /dev
tmpfs              44584     252     44332   1% /run
tmpfs               5120       0      5120   0% /run/lock
tmpfs              89160       0     89160   0% /run/shm
/dev/mmcblk0p1     57288   19400     37888  34% /boot
/dev/sda1        1231728 1164016     67712  95% /mnt/usb1
/dev/sda5          57288   19080     38208  34% /mnt/usb5
/dev/sda6        6240824 3527840   2377892  60% /mnt/usb6
pi@raspberrypi:~$ ls /mnt/usb1
bootcode.bin  recovery.cmdline            recovery.img     slides
BUILD-DATA    recovery.elf                recovery.rfs
images        RECOVERY_FILES_DO_NOT_EDIT  riscos-boot.bin
pi@raspberrypi:~$ ls /mnt/usb2
pi@raspberrypi:~$ ls /mnt/usb5
bootcode.bin  fixup_cd.dat  issue.txt             start_cd.elf
cmdline.txt   fixup.dat     kernel_emergency.img  start.elf
config.txt    fixup_x.dat   kernel.img            start_x.elf
pi@raspberrypi:~$ ls /mnt/usb6
bin   dev  home  lost+found  mnt  proc  run   selinux  sys  usr
boot  etc  lib   media       opt  root  sbin  srv      tmp  var

homeが見えているので、あとは必要なファイルをコピーして取り出すだけだ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/10

debian lennyがアーカイブ化されてた

前回書いたとおり、debian lennyをV2Vしたわけだが、こいつは暫く起動していなかったので、久しぶりに apt-get update をしたらエラーがでた。

ネットで調べてみると、lennyはもうアーカイブ入りとのだったので、sources.listに書かれているホストを archive.debian.org に書き換えたらアーカイブにあるものに更新することができた。

次はSqueezeにアップグレードしてみるか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/09

Vmdk2VhdでV2VしたDebianのエラー

VMWare上で動いていたdebian lennyをVmdk2VhdでHyper-Vに移行した。

無事変換が終わり、Hyper-Vマネージャで新しい仮想マシンを作成し、変換済みのディスクとレガシーネットワークを設定して起動した。

すると、起動途中で "please repair the file system manually" というエラーが出て止まってしまった。

いろいろ調べて、fstabの記述でsdaとなっている箇所をhdaに変更したら無事起動した。

統合サービスをインストールしてない状態でIDE接続してるわけだから、冷静に考えればすぐにわかりそうなもんだ。さて、統合サービスはインストールできるんだろうか。調べてみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/15

Vine Linux 3.1 その2

久しぶりにSynapticを起動したら、KDEが3.4に更新された。
ついでに、VineSeedからFirefox1.0.2をインストールしてみたが、マウスの中ボタンクリックでタブを閉じる事ができない。あれ?mozilla1.7.5はできるぞ?変だな?どこで設定するの?拡張入れなきゃダメなの?と格闘すること約10分。結果、mozillaの方はmiddlemouse.contentLoadURLをfalseにしていた事が判明。firefoxの方も変更してみたら、無事、マウスの中ボタンクリックでタブを閉じる事ができるようになった。

参考:
http://www.mozilla-japan.org/support/firefox/mouse

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/05

JVCL3 その2

Vineをインストールして、Kylixをインストールして、JCL1.94をインストールして、続いてJVCL3(RC1)をインストールしようと思ったらダメだった。

JVCL3のインストーラーはWindows専用のようなので、K3per Packages.bpgを開いてインストールしようとした。ところがqcommonディレクトリが無いとか色々とエラーが出てコンパイルできなかった。ここから色々と試行錯誤するが、結局、dairyのzipにはqcommonも存在して、そいつからなら、なんとかインストールすることができた。(こいつも色々あったが)

でも、使いたいコンポ(プレビューコンポとか)はWINDOWS ONLYのようで。ふぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/16

Vine Linux 3.1

やっぱりKylixも使いたいので、クライアント用にはMIRACLEを諦めVine3.1を入れてみた。
慣れないもので、Kylixが使えるようになるまで大変だったので、要点をまとめておく。

まずプレテストでは全てOKだった。


# cd kylix3_open/borpretest
# ./testsystem
Borland Kylix System Compatibility Test
Checking loader....OK
Checking kernel >= 2.2....OK
Checking libc >= 2.1.2....OK
Checking libjpeg >= 6.2.0....OK
Looks GOOD !!!
This system should be able to run Borland Kylix!
セットアップを実行すると、libX11.so.6とlibstdc++-libc6.1-1.so.2がないと怒られた。
これについてはドキュメント(PREINSTALL)に記述があり、シンボリックを貼ればいいと書いてあったのでやってみた。

# cd /usr/X11R6/lib
# ln -s libX11.so.6 libX11.so
# cd /usr/lib/
# ln -s libstdc++.so.5.0.5 libstdc++-libc6.1-1.so.2
これで再度セットアップを実行したが、libstdc++-libc6.1-1.so.2がないと怒られてしまう。
結局、VineSeedからlibstdc++2_9-2.9.0-24vl22.i386.rpmを取ってきてインストールすればおーけーだった。(そんなんでいいんだろうか?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/15

MIRACLE LINUX3 その2

調子に乗ってKylix3 Open Edition をインストールしてみた。

インストールが無事に終わり、startdelphiでIDEを起動する。次に、フォームにButtonをポトペタしOnClickにShowMessage('hellow world');と書きコンパイル。ここまで何ら問題ない。

でも、F9で実行するとKylixが固まる。デバッガの設定で統合開発環境を使わないようにすれば動くし、できたバイナリを単独で実行すればきちんと動く。つまりデバッグがきない。なんで?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/14

MIRACLE LINUX3

MIRACLE LINUX3を入れてみた。MIRACLE LINUX3 = Asianux1.0 となるようだが、インストール画面からしてちょっとかっこいい。Oracle 10gのインストールも手順通り進めていったら何ら問題なく終わった。前バージョンに比べるとめちゃくちゃ簡単。いいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/28

telinit

Miracleは通常run level 5 で起動するよう設定しているが、boot時にコンソールモードで起動するには、
boot: linux 3

Xが起動したあとコンソールモードにするには、ktermで
# telinit 3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/18

Oracle 10g その2

litener.oraを直接編集するのもよいが折角なのでNetwork Configuration Assistantなるものを使ってみた。が、これが元で、クライアントからの接続ができずに悩む事に。

netcaコマンドで起動し、ほとんどデフォルトのままLISTENERを追加。そしてlsnrctlで起動した後、クライアントからtnspingを試すが通らない。そういえば、Miracleのインストール時にファイアーウォールを中くらいに設定したような気がした。この時点での直感は「うわぁiptablesなんて使ったことないよぉ」だったのだが、調べてみるとipchainsを使っていたのでまずは一安心。

ipchainsのstatusを見てみると、やはり1521ポートの記述がない。そこで1521へのinputと1521からのoutputを開けてみるが、やはりtnspingが通らない。もう一度statusをよーく見るとinput,forward,outputともデフォルトがACCEPTになっている。この時点では「うーむ原因は違うのか」となるが、とりあえず全てオッケーにしてみる。が、それでも変わらず。

# ipchains -F
# ipchains -P input ACCEPT
# ipchains -P forward ACCEPT
# ipchains -P output ACCEPT
# /etc/init.d/ipchains save
# /etc/init.d/ipchains restart

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧