2013/01/14

RadPHPでコントロールの位置が保存されない件のその後 #RadPHP

↓でバグだと教えていただいたものの、その後、fixされたのかどうかわからない。

https://forums.embarcadero.com/thread.jspa?threadID=74171&tstart=0

でもやっぱりPanelは使いたい物なので、自分なりの方法をあみだした。
それは、設計時は幅640くらいで作っておいて、実行時に320に縮めるという。笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/21

RadPHPでPHPExcelを使うには

RadPHPでPHPExcelを使うには、例によってphp.ini.templateを編集するようだ。

↑からPHPExcelのzipファイルをダウンロードし、そのなかから、Classesを適当なフォルダに解凍する。(例えばC:\PHPExcel\Classes

そして、php.ini.templateをエディタで開き、include_pathに↑のフォルダを追加する。

include_path = ".;%RPCLPATH%;%RPCLPATH%rpcl\PEAR;%RPCLPATH%rpcl\Zend\framework\library;C:\PHPExcel\Classes"

最後に、↓の行のコメントを外す(これ重要)

extension=php_zip.dll

このあと、RadPHPを再起動するのも重要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/01

RadPHPのPHPを設定するには

RadPHPのPHPを設定するにはphp.iniではなく、php.ini.templateを編集するのだそうだ。

RadPHP XE2で、ZAuthDBを使ってみたら、↓こんなエラーが出た。
radphp Zend_Db_Adapter_Exception with message 'The PDO extension is required for this adapter but the extension is not loaded'
あ、はいはい。php.iniを治すのね。と直感したが、RadPHPがインストールされているフォルダを探してもphp.iniが無い。かわりに、php.ini.templateとかがあった。
で、ネットで調べてみたら、php.ini.templateを編集すればいいと分かったので、そのなかを見てみたら、案の定、PDO関連のコメントアウトされていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/28

RadPHPのZOAuthでACCESS_TOKENを取得する自分なりの方法

自分用のメモ
zoauth.inc.php

   function _requestToken()
   {
      $token = $this->_consumer->getRequestToken();
#tomomori add begin
      $owner = $this->readOwner();
      $prefix = $owner->readNamePath() . "." . $this->_name . ".GZOAuth.";
      $_SESSION[$prefix . 'REQUEST_TOKEN'] = serialize($token);
#tomomori add end
      $this->_consumer->redirect();
   }

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/28

RadPHPでコントロールの位置が保存されない件

RadPHP XE2でコントロールの位置が保存されない件は、エンバカデロのフォーラムで教えていただき解決。

https://forums.embarcadero.com/thread.jspa?threadID=74171&tstart=0

しかし、日本語の情報は全くない。英語だと、検索キーワードさえ思いつかないや。
まだまだ分からない事がたくさんあって、このままRadPHPで続けられるかどうか、ここのフォーラムだけが頼りになりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/22

RadPHP XE2 インストール その2

インストールが無事終了し、初回起動時に、メールで送られてきたシリアル番号と、EDNのアカウント情報を入力し、製品の登録も無事完了した。

で、EDNの登録ユーザダウンロードページに行くとupdate4があったので、早速ダウンロードした。
ファイル名がradphp_xe2_upd4_win.zipだったので、この時点で、なんとなく嫌な予感。

ダウンロードしたファイルを解凍してみると、その中には、radphp.exeとandroid-setup.exeがある。フォルダ構成も前のものと同じ。というと再インストールかい。バカですか?最初から最新ファイルへのリンクをメールに書いといてくれてもいいじゃん。

というわけで、これから新規インストールする方は、ライセンス登録だけ済ませて、最新UPDATEをダウンロードしてインストールしたほうがいいんじゃないかな。(それができるのかわかりませんけれども)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RadPHP XE2 インストール その1

前回書いた通り、インストールノートも入っていないので、忘れないようにメモ。

まずは情報収集
RadPHP XE2 Documentation (英語)
インストールノート(英語)
Android SetUp (英語)

インストール手順としては
1. radphp_xe2_upd1_win.zipを解凍
2. radphp.exeを実行
3. android-setup.exeを実行
4. システム環境変数のpathに「C:\Program Files (x86)\Embarcadero\RadPHP\4.0\php」を加える
という流れで、あとはそれぞれのセットアップウィザードに従って行けばおっけい。

3のandroid-setup.exeを実行すると、以下のものがインストールされた。1つインストールが終わると、次のウィザードが自動で起動されてきた。でも、ウィザードはそれぞれなのでちょっと勘弁してという感じ。

RadPHP Android Project Tools
Java SE Development Kit
Android SDK Tools
Android Platform
Apache Ant

何故か、Android SDK Toolsのインストールのとき、最初、JDKがnot foundになったが、「戻る」ボタンをクリックして一旦戻り、改めて「次へ」ボタンをクリックしたら、無事すすめられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RadPHP XE2 を買ってみた

RadPHP XE2 のお試し期間が終了したので、ダウンロード版を購入。

ダウンロード用URLとインストール番号が書かれたメールがembercaderoから送られてきた。
試用版を残しておくのもなんとなく嫌なので、一度アンインストールしてから、改めてダウンロードしたファイルをインストールすることにした。

ところが、インストールノートが入っていないし、覚悟はできていたがネットの情報も少ないし、あっても英語だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/07

RadPHPが良さそう

しばらくエンバカの開発環境からは遠ざかっていたが、RadPHPがXE2になってから、なんか良さそうな感じ。
iPhoneとAndroidの開発もできるらしいし、欲しくなってきた。

「RadPHP XE2によるモバイルアプリ開発」 1/4
http://www.youtube.com/watch?v=qU0mVbJPr8s&feature=related


「RadPHP XE2によるモバイルアプリ開発」 2/4
http://www.youtube.com/watch?v=6RSg9pvIQE0


「RadPHP XE2によるモバイルアプリ開発」 3/4
http://www.youtube.com/watch?v=sNqzVNsPu-8&feature=related


「RadPHP XE2によるモバイルアプリ開発」 4/4
http://www.youtube.com/watch?v=FWVVRU6v4ek&feature=related

| | コメント (0) | トラックバック (0)